歯科インプラントとは

インプラントとは、医学用語で「しっかりと埋入して植立する(埋植する)」というのが本来の意味で、人工臓器の移植の際に用いられる言葉です。
歯科領域で人工臓器にも例えられるのが「歯科インプラント」で、何らかの原因で歯が失われた歯の顎の骨に、人工の歯根を埋入しその上に人工歯冠を取り付け、天然の歯と同じように機能させること、またはその治療法のことです。
これまでは義歯(部分入れ歯・総入れ歯)、ブリッジ等が主流だった歯科補綴治療の概念を覆すシステムで、「第三の歯」「最も天然に近い歯」と言われ、あたかも自分の歯のように自由自在に食べ物を咀嚼出来るようになります。

インプラントの構造

現在最も普及しているインプラントの構造は、

上部構造
人工歯・人工歯冠(じんこうしかん)とも言います。金属やジルコニアなど様々な素材で作られます。
アバットメント
支台部(しだいぶ)とも言います。上部と下部をつなぐ部分です。
インプラント体
フィクスチャー・人工歯根(じんこうしこん)とも言います。顎の骨に埋め込みます。

から成り立っています。
そしてインプラントが「第三の歯」、あるいは最も天然歯に近い歯といわれるゆえんは、この人インプラント体を歯槽骨(顎の骨)の中に埋入して、 その上に上部構造を固定させるところにあります。
インプラント治療をおおまかにまとめると、何らかの原因で失われた歯の歯槽骨に穴をあけ、そこにインプラント体を埋入して、 これが歯槽骨と完全に結合・安定した段階でアバットメントを取り付け、その上に上部構造をはめ込むというのがアウトラインになります。

人体親和性の高い人工歯根素材の開発―チタンの発見

人間の体内に埋め込む物質には、きわめて厳しく高いハードルが設けられています。

  • 毒性がないこと
  • アレルギー反応を起こさないこと
  • 発がん性がないこと
  • 人体との適合性があり、決して生体を損なわないこと
  • 代謝異常を起こさないこと
  • 体のなかで劣化・磨耗・分解が起こらないこと
  • その物質が強度と弾力性を備え、かつ安定した物質であること 等々

人工歯根の素材にチタンが最適であることを1952年に最初に発見したのが、当時スウェーデンのルント大学の教授だったブローネマルクでした。
彼はこれを「オッセオインテグレーション(osseo-骨integration-結合)」と名付けました。
それまでにも、幾多の研究者によって真鍮・銅などが人工歯根の素材に用いられたことがありますが、すぐに腐食してしまい、人体に悪影響を及ぼすことがわかり、失敗の連続でした。
しかし、チタンはまさに“すぐれもの”だったのです。彼は光学顕微鏡の観察で、骨とチタンが何のトラブルも起こさずに結合することを確認した後、十数年にわたる安全性のテストを繰り返しました。
その結果、チタンは人体が拒否反応を起こすことなく、半永久的に結合する安全性の高い物質である確信を得、この原理に基づくインプラント・システムを開発し、今日のインプラント治療の基礎を築きました。

インプラント無料相談

お申込みは
インターネット予約
または0120-980-4480120-980-448

▲ページ
TOPへ