コンピュータによるインプラント治療

IGIシステム

手術風景

IGI システム(Image Guided Implantology)とは、最先端コンピュータ技術によるインプラントのリアルタイム手術を可能としたナビゲーションシステムです。
口腔内を画面を見ながら、確実な位置に患者さんの負担にならないようにインプラントを埋入することが可能になります。
IGIシステムは、歯科医師が正確かつ安全なインプラント埋入手術を行うために開発された誘導システムです。

手術をリアルタイムに誘導する「ナビゲーション・システム」

「ナビゲーションシステム」とは、最先端コンピュータ技術を用い、インプラント治療を高精度で低侵襲、安全なものに誘導するシステムです。
(ちなみに、当院に設置したのが日本における第2号機です)
ナビゲーションシステム まだ多くの医院に普及しているわけではありませんので、簡単にその仕組みを解説しましょう。
わかりやすくいうと、手術前の診査・診断で得られた患者さんの顎骨のCT画像データを、多平面および立体の情報に変換し、それを基に、歯科医師が立てた治療計画そのままに、モニター画面を見ながらリアルタイムで手術が進められるという画期的な装置です。
実際の手術中には、ナビからの指示に従って、歯科医師は安全・正確に手術を進めることができます。
インプラントを埋め込む位置・深さ・角度をナビが正確に表示してくれますから、歯科医師は画面上でドリルの位置を確かめつつリアルタイムで手術を行えます。 ナビゲーションシステム画面

サージカルガイドによるインプラント治療

治療計画どおりに手術をガイドする「サージカルガイド・システム」

インプラント治療計画において、CT撮影した画像を多平面および立体的にコンピュータ解析して診査・診断することの有効性については前述しました。
最近ではこのシステムはさらに進化し、治療計画の立案だけでなく、シミュレーションしたとおりの最適な位置に、インプラント埋入をガイドすることもできるようになりました(サージカルガイド・システム)。
まずCT撮影した画像をもとに、埋入のシミュレーションを行い、そのデータを基に最新のコンピュータ・テクノロジーのCAD/CAM(設計・製造)により、レーザーを用いて患者さん自身の顎骨の解剖学的模型とサージカルガイドというものを光造形により作製します。
シミュレーション サージカルガイドには、インプラントを埋入する部位にドリルを規制するためのガイド溝がつくられており、それに沿って治療計画どおりに正確にインプラントを埋入することができるのです。
これにより安全かつ正確に、そして短時間にインプラント手術が行えるようになってきました。 サージカルガイド

症例紹介はこちらから

即時インプラント治療

かつて、歯科インプラント治療では、インプラント体を歯槽骨に埋入してから骨との結合を待ち、上部構造を装着するまで、従来は上顎で6か月、下顎で3か月ほどかかりました。 最近では治療期間の短縮を踏まえて、埋入と同時(即時負荷)または埋入して数週間後(早期負荷)に人工歯冠を装着し、審美性ならびに咀嚼機能を回復する即時インプラント治療が行われるようになってきました。
全てに適応されるわけではないのですが、これにより、切開しない、腫れない、痛くない、安心・安全で快適なインプラント治療が可能となり、患者さんのクオリティーオブライフ(QOL)も大きく向上しています。
とあるケースでは技工所で審美的なセラミック冠を製作し、口腔内に仮のセメントを用いて装着しました。

症例紹介はこちらから

インプラント無料相談

お申込みは
インターネット予約
または0120-980-4480120-980-448

▲ページ
TOPへ