micレセプトコンピューターの講習を受けました

今日は業務後にmicの講習を受けてきました。
慣れないカルテシステムのため、業者の方に手取り足取り教えて頂きました。

今後の診療をスムーズに行うために早急に取り扱えるよう頑張ります。

写真はパソコン相手に悪戦苦闘中の写真です。
image1

~歯科医師Odr1.jpg

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【3shape TRIOS3を体験しました】

3shape TRIOS3のメーカーの方に商品のご紹介をしていただきました。

TRIOS3は口腔内の印象を採得するための光学スキャナで、すぐれたスキャニング性能により、口腔内の細部にまで精密に捉えることができるカメラです。
チェアタイムが短くなり、患者さんのへの負担が軽減され、とても良い製品だと思いました。

高速スキャニング、本当に速く感じました。
モニターの中にリアルな色調で素早く印象が採得され、シェード(歯の色)の自動測定までしてくれます。
こういったデータを院内ラボ、技工所に送り機械で製作。歯科医療のデジタル化は進化が速いです。
院長が模型で体験しましたが、とても使いやすそうでした。
使用できるケースに制限があるとは思いますが、まだまだこれから進化しそうな気がします。

P1090556

~歯科技工士Odh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【セレック研修】

先日、セレックの基本的な使用方法、カメラの撮り方、デザイン方法、メンテナンス方法をモリタの方に教えていただきました。

コンピューターを起ち上げ 患者さんをロード、新規で登録し製作する歯を選択。
カメラを使い咬合面から撮影、近心遠心よりに撮影、やや頬側から撮影、製作する歯の周りをコンピューターに登録。
同じように対合歯を撮影し、噛み合わせた状態で頬側からの撮影をしてスキャン終了。
画像がぶれていない事、近心から撮影するよう注意を受けました。

コンピューター上で噛み合わせを設定し、製作する歯を分割、マージンの設定。
ここまではスムーズに出来ましたが、デザインツールの使い方はすこし経験、慣れが必要に感じました。
形、豊隆 傾斜、コンタクト、バイトなど機械では細かく出来ないことを修正、デザインするとのことでした。
1歯ずつのデザインしか出来なく、今回遠心に隣在歯が無かった為、コンピューターでのデザインが難しく感じました。
インゴットを装着しミリング開始で完成。

バーの交換、メンテナンス方法を教わり終了しました。

P1090546

~歯科技工士Odh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【イボクラ研修を受けて】

先日イボクラのプレスファーネスについて、メーカーの方に基本的な使用方法、メンテナンス方法、焼成・ステイニング・グレーズの仕方、おすすめの材料等を教えていただきました。

機械的な操作に関しましては単純で難しいというものではありませんでした。
ただ、使用期間が空いた為、メンテナンスが必要でした。
2時間程度かかるキャリブレーションは、メーカーの方の都合がつかない事と、私の方でも焼成がある為 、次回来ていただけることになりました。
簡単なメンテナンスの説明と普段使用できる程度にはしていただきました。

焼成から研磨までの説明をしていただき、焼成後の研磨や温度差でのクラック注意、ステイニング・グレーズ材の練り方、塗り方なども教わりました。
使用方法は理解しましたが、実際に使用した時、できた時の色具合はまだはっきりとはわからないので、経験を積んで出来るようにしたいと思います。

P1090545

~歯科技工士Odh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


9月29日勉強会

先日9月29日の勉強会で、私とDAスタッフが退職前の発表を行いました。
DAのスタッフはPCの画面をスライドに映して発表や各診療室でのマニュアル等多くの発表をしていました。
私自身は、作成したマニュアルを元に今後他のスタッフに任せる作業などを伝えさせてもらいました。

今まで引き継いできたことをさらに次へと引き継ぐため、新しいマニュアルを作成したのですが、その作業の中、また出来上がったマニュアルの厚さを見て、ミズキデンタルオフィスに入った時は少しだった「出来ること」がいつの間にかこんなにも増えていたのだと実感しました。

残るスタッフには、ますますこの医院が発展するように頑張ってもらいたいと思います。
みなさん、今までありがとうございました。

技工士Y

1

2

3

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【さとみ先生主催の勉強会が開催されました】

6月6日の診療後にセンターオフィスにてDH・DA参加のさとみ先生による勉強会が開催されました。
今回の勉強会のテーマは患者さんからの貴重なご指摘を頂いた時にどう対処したら良いかを話し合いました。
まずはトラブルのいきさつを整理して状況をまとめてから、患者さんに納得してもらえる説明をすることや、今後も同じようなご指摘を頂かないための対策案を参加者全員で話し合いました。

今回の勉強会で、報告・連絡・相談はもちろんですが、トラブルをスタッフ全員で共有することが大切だということが勉強になりました。
この勉強会を活かして、今後も患者さんとの信頼関係を築き上げられるように努めたいです。

院長先生・さとみ先生、貴重なお時間をありがとうございました。

P1090075
P1090079

~歯科助手Fda2

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「第二回仲谷教授の歯周病セミナー」

10月9日の日曜日に、歯周病の専門医である仲谷教授に来ていただき、二回目の歯周病1日セミナーが行われました。

仲谷教授の座学

縁下歯石(歯茎より下の部分につく歯石)がどんな風に歯根(歯の根っこ)の外側のセメント質と付着しているのか?
という仲谷教授の問いかけから始まり、私たちが普段行っている歯科衛生士の業務であるスケーリングルートプレーニング(SRP:歯の根っこの歯石や病的なセメント質をとり、根っこの面をつるつるにする処置)はなんのために行われているのかということについて、具体的な指導をしていただきました。

わかっていたつもりのスケーリングルートプレーニング(SRP)ですが、仲谷教授のお話をうかがっていると、目から鱗の連続でした。

実践中

午後は実技も交えて講義していただいたので、とても実践的な1日でした。

患者さんの歯周病を共に改善していける歯科衛生士になれるように、早速 翌診療日から活かしていきたいと思います。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「2016年下半期合同勉強会」

10月3日(月)の診療終了後、ミズキデンタルセンターオフィスにて2016年度下半期合同勉強会が行われました。

乾杯

まずは院長先生が上半期を振り返り、特に新人DH(歯科衛生士)の成長を実感し、今後は担当制を確立していくことを確認しました。

顧問の先生方にもお越しいただき、まず、弁護士の鈴木先生に歯科医師法のある項目の解釈について、丁寧なご教授をいただきました。

社会保険労務士の染谷先生からは、時間内に業務を終わらせるためのテクニックを教えていただきました。特に、“締切が重なることがある場合には、第一締切と第二締切(最終締切)を設定して、最終締切日付近への業務の集中を避ける”という考え方は、非常にためになりました。早速活用させていただきたいと思います。

乾杯のあと、会計士の伊藤先生から問題提起をしていただき、さとみ先生の司会にて、食事をしながら全員でディスカッションを行いました。

歯科助手チーム

非常に活発に意見が交わされ、特に新人歯科衛生士さんからは練りに練ったアイディアが発表され、院長先生と熱い議論を繰り広げていました。

ドクターチーム

歯科衛生士・歯科技工士チーム

スタッフのクリニックへの、患者さんへの想いを感じるディスカッションとなりました。

歯周病は全身疾患と大きな関わりがあることが様々な研究から、明らかになってきています。

 

今後は予防歯科の大切さについても患者さんに知っていっていただき、歯周病で歯を失う患者さんを減らすこととと、全身疾患の改善を目指していきたいという院長の決意表明で、今回の勉強会は閉会となりました。

 

~センターKcener

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「KDL北川技工士による技工トレーニング」

9月20日、北川デンタルラボラトリーの社長の北川さんに個人トレーの作り方を教えていただきました。
個人トレーとは患者さん1人1人にあった型のことです。
この型を作ることによってより精密な物が出来上がり、良い被せ物が出来上がるようになります!

患者さんにあった、被せ物を作る為によりよい個人トレーを作るよう努めます。

~歯科技工士Udt

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「プロービング練習」

学生さんの練習中 練習風景

ミズキデンタルオフィスには毎月、横浜歯科技術専門学校の歯科衛生士科の3年生の学生さんが、4名実習に来ています。
先日、空いた時間を使って、プロービング(歯とはぐきの隙間の深さを計る、歯周病の検査)の相互実習を行いました。
奥歯の測定は難しかったようです。
私も学生さん達の指導をしながら、自分の学生時代を思い出してしまいました。
基本を大事にする姿勢や初心を取り戻すことができました。
この経験を活かして、日頃の診療にも取り組みたいと思いました。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください