「第二回仲谷教授の歯周病セミナー」

10月9日の日曜日に、歯周病の専門医である仲谷教授に来ていただき、二回目の歯周病1日セミナーが行われました。

仲谷教授の座学

縁下歯石(歯茎より下の部分につく歯石)がどんな風に歯根(歯の根っこ)の外側のセメント質と付着しているのか?
という仲谷教授の問いかけから始まり、私たちが普段行っている歯科衛生士の業務であるスケーリングルートプレーニング(SRP:歯の根っこの歯石や病的なセメント質をとり、根っこの面をつるつるにする処置)はなんのために行われているのかということについて、具体的な指導をしていただきました。

わかっていたつもりのスケーリングルートプレーニング(SRP)ですが、仲谷教授のお話をうかがっていると、目から鱗の連続でした。

実践中

午後は実技も交えて講義していただいたので、とても実践的な1日でした。

患者さんの歯周病を共に改善していける歯科衛生士になれるように、早速 翌診療日から活かしていきたいと思います。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「歯ブラシセミナー<TePe・クラプロックス>」

p1080668

以前のブログでもいろいろな歯科商材に関してセミナーを受け、患者の皆さまにより良いものをご提供出来るように準備していますとご紹介しました。
今回のセミナーはスウェーデンでとても広く使われている「TePe」、スイスの「クラプロックス」という歯ブラシについてでした。

まず「TePe」をご紹介します!
予防歯科の先進国といわれるスウェーデンで作られた歯ブラシで、スウェーデンの薬局で購入されている歯ブラシの77.2%がテペ製品と言われている程、広く親しまれている商品のようです。
テペの歯ブラシの特徴は臼歯部に届きやすいように先端が細くなった台形状になっているブラシヘッドだそうです。
私も使っていますが、とても磨きやすいです! 歯並びが悪いところでもしっかり磨けるように設計されていると感じました。

p1080665

続いて「クラプロックス」です。
クラプロックスはスイス製でポップでかわいい色が目を引く歯ブラシです。
独自に開発されたファイバーの超極細毛を使っており、なんと植毛本数は7600本!(一般的な歯ブラシは植毛本数は500~800本程度だそうです。)
たくさんの極細毛が植えられているので柔らかいですがもっちりとした使い心地でたくさんの毛で優しくブラッシングできるようになっています。
ファイバーはポリエステルで出来ているので丈夫で長持ちするそうです。
こちらも試しに使わせてもらいましたが、ふわふわの柔らかい毛が優しい印象ですがしっかりとプラークも除去してくれると感じました。

 

どちらの商品もカラフルで使いたくなる歯ブラシです。
今後ミズキデンタルオフィスで取り扱うことになるかもしれません!
その時には使い方もしっかり説明できるようにしていきますので導入した際にはご期待ください!!

~歯科助手Mdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「プロービング練習」

学生さんの練習中 練習風景

ミズキデンタルオフィスには毎月、横浜歯科技術専門学校の歯科衛生士科の3年生の学生さんが、4名実習に来ています。
先日、空いた時間を使って、プロービング(歯とはぐきの隙間の深さを計る、歯周病の検査)の相互実習を行いました。
奥歯の測定は難しかったようです。
私も学生さん達の指導をしながら、自分の学生時代を思い出してしまいました。
基本を大事にする姿勢や初心を取り戻すことができました。
この経験を活かして、日頃の診療にも取り組みたいと思いました。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「仲谷教授 歯周病1日セミナー」

歯科助手・衛生士向けの部

6月12日(日)、ミズキデンタルセンターオフィスにて「歯周病1日セミナー」と題し、
日本歯科大学付属病院教授で日本歯周病学会歯周病専門医の仲谷寛教授によるセミナーが行われました。

4月より新しく歯科衛生士2名が入職したこともり、歯科助手も含めて午前中は講義形式で基礎的な内容から知識面を、
午後は実習を交え実践的に技術面を指導していただきました。

衛生士への指導風景

歯肉炎・歯周病といった歯周疾患とは、細菌に感染することで身体で炎症・免疫反応が起こり、歯周組織(歯を支えている骨など)が侵されてしまうことを指します。

このような歯周疾患に対して行う治療を歯周治療と言います。
治療の目的は、
・歯周疾患の原因を取り除き、歯周組織の破壊を阻止すること
・口腔内の機能(噛むこと、話すことなど)の回復すること
・生理的・審美的形態(見た目など)を回復すること
・歯周疾患が再発しないように予防し、健康を維持することです。

ミズキデンタルオフィスでは、専門医の仲谷教授をスーパーバイザーとし、
歯科医師、歯科衛生士が連携し、これらの目的を達成すべく歯周治療を実施しています。

今後もこのようなセミナーを通して日々知識面・技術面を磨き、
より良い治療の提供に努めてまいります。

~歯科衛生士Tdh

 

 

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「仲谷教授による第一回歯周病勉強会」

当院では毎月1回、日本歯科大学付属病院教授で歯周病専門医の仲谷 寛教授による診察・診療を行っております。
今月5月2日は、「歯周病勉強会」と題し、仲谷教授を囲んで歯周病治療についての勉強会を行いました。

歯周病は、お口の中にいる細菌が原因で起こり、歯を支えている骨を溶かしていく病気です。
実は、歯周病は糖尿病などと同じように「生活習慣病の一つ」なんです!
みなさんご存知でしたか?
むし歯とは違って痛みがないため、罹患していることを知らずにどんどん進行し、
気づいた時には歯を失うことになってしまっていた…ということも起こり得る、恐ろしい病気です。
当院の こちらのページ にて、歯周病について分かりやすく解説しております。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

今回は、歯周病治療の際に必要となる手技について模型や抜去歯を使用し実践的に練習したり、
診療に際して必ず必要となる基礎的な知識から最新の研究や論文について取り上げた質疑応答を行ったり、
歯周病についてたっぷりと学び、とても充実した時間となりました。

150502歯周病勉強会

当院では「毎月予防」を実施しております‼︎
歯科医院にはむし歯の痛い時だけ来るのではなく、毎月1回歯周病予防のために来て頂き、お口や全身の健康維持に役立てることを目的としています。
なぜならば、歯周病の人は健康な人に比べて、糖尿病、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、早産になりやすいことが判ってきたからです。
むし歯予防だけでなく、歯周病の予防・ケアも大切に考えております。
全身の健康は、お口の健康から。
今後もスタッフ一同全力でみなさんの健康をサポートいたします。

~歯科衛生士Tdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「わかる!初めての予防歯科(関東版)」

当院ではCAD/CAMデジタル機器を使用した最新治療と、心理カウンセラー水木さとみ先生の指導によるホスピタリティあふれる診療により、「口腔は全身の鏡。口から始まる健康管理」を提案しています。自分の歯を長く残せる予防歯科医療について、お気軽にご相談にいらしてください。
予防歯科
また、当院には大学教授で歯周病専門医の先生が定期的に診療に携わり、10年以上のベテラン歯科衛生士も5人在籍して担当制で歯周病予防にあたっています。
歯科衛生士学校とも提携して実習生の育成にも力を入れていますので、予防歯科に興味がある歯科衛生士は是非とも一緒に働きましょう!
詳しくは当院HPの募集要項をご覧ください。

~センターHcener

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください