「ビジネスソリューションフェア2016」

皆さんは、ワトソンをご存知ですか?
最初に思い浮かぶのは、あの名探偵シャーロック・ホームズの相棒でしょうか。

今、大きく注目されているワトソンがいます。
それは、IBMが開発しているIBM Watsonです。

Watsonについて、9月13日に横浜で開催された大塚商会主催の「ビジネスソリューションフェア 2016」で聞いてきました。

Watsonは人工知能ではなく、コグニティブ・コンピューティング・システムであると、講師の方から説明がありました。
コグニティブとは認知するという意味で、この場合、判断や解釈をコンピュータが行えるということです。
Watsonには膨大なデータが入力されていて、そのデータを組み合わせることによって、明確でない質問に対してでも”推理”し、最も的確だと考えた答えを提示してくれるのだそうです。
先日、ニュースにもなりましたが、医療の世界でも活躍を始めていて、難症例の患者さんを救った実績も既にあるのです。

ミズキデンタルオフィスにはまだWatsonはいませんが、CT撮影で取得した立体的なデータを元に、理想的なインプラント埋入のシミュレーションを行えるシステムを導入しています。
今後も科学の進歩で、歯科治療もより安全・正確になっていくのだと期待しています。

Pepper君
△会場ではPepper君が迎えてくれました。

防災コーナー
△患者さん、スタッフの安全のため防災コーナーも見てきました。

~センターKcener

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「KDL北川技工士による技工トレーニング」

9月20日、北川デンタルラボラトリーの社長の北川さんに個人トレーの作り方を教えていただきました。
個人トレーとは患者さん1人1人にあった型のことです。
この型を作ることによってより精密な物が出来上がり、良い被せ物が出来上がるようになります!

患者さんにあった、被せ物を作る為によりよい個人トレーを作るよう努めます。

~歯科技工士Udt

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「歯ブラシセミナー<TePe・クラプロックス>」

p1080668

以前のブログでもいろいろな歯科商材に関してセミナーを受け、患者の皆さまにより良いものをご提供出来るように準備していますとご紹介しました。
今回のセミナーはスウェーデンでとても広く使われている「TePe」、スイスの「クラプロックス」という歯ブラシについてでした。

まず「TePe」をご紹介します!
予防歯科の先進国といわれるスウェーデンで作られた歯ブラシで、スウェーデンの薬局で購入されている歯ブラシの77.2%がテペ製品と言われている程、広く親しまれている商品のようです。
テペの歯ブラシの特徴は臼歯部に届きやすいように先端が細くなった台形状になっているブラシヘッドだそうです。
私も使っていますが、とても磨きやすいです! 歯並びが悪いところでもしっかり磨けるように設計されていると感じました。

p1080665

続いて「クラプロックス」です。
クラプロックスはスイス製でポップでかわいい色が目を引く歯ブラシです。
独自に開発されたファイバーの超極細毛を使っており、なんと植毛本数は7600本!(一般的な歯ブラシは植毛本数は500~800本程度だそうです。)
たくさんの極細毛が植えられているので柔らかいですがもっちりとした使い心地でたくさんの毛で優しくブラッシングできるようになっています。
ファイバーはポリエステルで出来ているので丈夫で長持ちするそうです。
こちらも試しに使わせてもらいましたが、ふわふわの柔らかい毛が優しい印象ですがしっかりとプラークも除去してくれると感じました。

 

どちらの商品もカラフルで使いたくなる歯ブラシです。
今後ミズキデンタルオフィスで取り扱うことになるかもしれません!
その時には使い方もしっかり説明できるようにしていきますので導入した際にはご期待ください!!

~歯科助手Mdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「プロービング練習」

学生さんの練習中 練習風景

ミズキデンタルオフィスには毎月、横浜歯科技術専門学校の歯科衛生士科の3年生の学生さんが、4名実習に来ています。
先日、空いた時間を使って、プロービング(歯とはぐきの隙間の深さを計る、歯周病の検査)の相互実習を行いました。
奥歯の測定は難しかったようです。
私も学生さん達の指導をしながら、自分の学生時代を思い出してしまいました。
基本を大事にする姿勢や初心を取り戻すことができました。
この経験を活かして、日頃の診療にも取り組みたいと思いました。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「インプラント歯冠材質の特徴や選び方は?」第87回インプラント無料講演会

03

8月27日土曜日、折から接近する台風の影響で蒸し暑い天候にもかかわらず、インプラントに関心を持たれる方々が参加されました。

毎月開催しています講演会の休憩時間には、展示されているインプラントの模型や実物などをご参加のみなさんが手に取られながら、いくつかの歯冠材質の特徴や選び方についても質問があります。

02

新しい材質ジルコニアは強度があり、自然で美しい色合いがあるため、特に目立ちやすい前歯部分などに選ばれる傾向があることを当院スタッフ歯科技工士より説明しました。一方では、強度があるため相対する歯との噛み合わせの影響なども考慮する必要があること、また高価であることから予算面も併せて総合的に検討されるように提案しています。

次回は9月24日土曜15時~17時30分に開催を予定しています、どうぞお気軽にお越しください。

 

ホームページに今後の毎月開催予定日が掲載されています。ご都合の良い機会にお気軽に次の方法でご参加申込みをお待ちしています。

インターネットから:インプラント講演会申込みフォーム
電話:045-410-4875
FAX:045-534-4060

~事務局長Tjimutyou

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


DGSN究極のDHセミナーシンポジウム「奇跡の1日」 in 2016

DHセミナーパンフレット
8月28日(日)に、当院の理事である水木さとみ先生が演者の一人となっているセミナー・シンポジウム『DGSN究極のDHセミナーシンポジウム「奇跡の1日」 in 2016 ~患者さんの豊かな人生の為に~』に行ってきました。

ポリデントのコマーシャルに出演されている歯科医師の若林先生の講演でスタートしました。歯周病が血管年齢にも関わっているという若林先生のお話は大変興味深いものでした。

さとみ先生の講演は『生涯にわたる患者サポートに向けた歯科医療コミュニケーション』でした。
患者さんの物語を受け入れようという、患者さんにより良い治療を行うベースとなるものでした。

その後もインプラントのメインテナンスや、患者さんとのコミュニケーションのとりかた等、日々の診療に活かせるようなお話が続きました。

また、インプラント体埋入30分頃から口腔内細菌のコロニーができるということも学び、インプラントのオペの前の口腔衛生状態の大切さについて学びました。

この日に学んだことを少しずつでも診療で実践して、患者さんに信頼される歯科衛生士になりたいと思います。
UDHSシンポジウム in 2016 集合写真

~歯科衛生士Sdh

心理カウンセラー水木さとみ先生のHPはこちら

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください