Philips ソニッケアー電動歯ブラシの院内勉強会

120

先日、ミズキデンタルオフィス院内にて以前から導入している「ソニッケアー電動ハブラシ」について、業者の歯科衛生士の方を中心に勉強会をを行いました。

電動はブラシと言っても世の中には、たくさんのメーカー・種類が売られています。そこで、なぜ当院ではPhilipsのソニッケアー電動はブラシをお勧めしているのか、そして患者さんに、より良い正確な情報を伝えたい思いで勉強会を行いました。

電動歯ブラシには、大きく3種類に分けられます。

①普通の電動歯ブラシ②音波系歯ブラシ③超音波系歯ブラシ

「ソニッケアー電動はブラシ」は②の音波系の電動歯ブラシになります。1分間に約3万回の高速振動・音波水流、軽い圧で歯の表面を傷つける事無く、たたき・払い・かき出す(音波水流)でバイオフィルムを落とす。お口の中を4ブロックに分けて2分間で歯磨きが出来る。歯磨き粉が使える。等々色々ありますが、一番の違いは、「音波水流」です。この音波水流がが起こせるのはソニッケアー電動はブラシだけだそうです。唾液で音波水流を起こし、歯と歯の間など手磨きでは届かない場所の歯垢を落としやすくします。もちろんフロス・歯冠ブラシは必要です。

まだまだお伝えしたい事はありますが、当院ではテーラーメード型で本体と別売りで患者さんお一人お一人にあったブラシ選びと使い方をご紹介しますので、お気軽にお申し付けください。

歯科衛生士 G

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


第23回(公社)日本顎顔面インプラント学会にて総会・学術大会にてランチョンセミナー(デンツプライシロナ社)を開催致しました

11097154417622ランチョンセミナー

11月30日(土)つくば国際会議場にて

日本顎顔面インプラント学会・学術大会ランチョンセミナー(デンツプライシロナ社)を開催致しました。

「インプラント外科治療のデジタルソリューション」~ガイデッドサージェリーを中心としたデジタルワークフロー~

インプラント外科治療において、治療精度の向上を目的とし、コンピューターガイデッドサージェリーを検査・診断から手術そして、最終補綴までの一連のデジタル治療の中で行います。1996年より臨床応用してきた経験から、サージカルガイドシステムに焦点をあてた考察を概説いたしました。

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください