「歯科衛生士中間テスト」

5月14日の診療後に、インプラントセンター横浜にて新人歯科衛生士の中間テストがありました。
内容は、
・主に歯周ポケットの深さを測る「プロービング」
・歯周ポケットをチェックした際の出血の率を見る「BOP(歯周検査時出血率)」
・歯が動いてしまわないかを検査する「動揺度」
・歯に付着したプラーク(歯垢)や歯石などを機械的に除去する「スケーリング」
・歯周ポケットに隠れたプラーク(歯垢)や歯石を取り除く「SRP」
・ブラシによる歯の表面の研磨「ポリッシング」
など、歯周病の基本検査と予防処置でした。
4月1日の入社以来、診療後に残って練習していた成果を見てもらうため、緊張しながらも、平常心を心がけて臨みました。
審査には歯周病専門医の日本歯科大学付属病院仲谷教授と院長先生に入っていただきました。
テストの様子はDVDにも記録していただきました。

歯周病専門医仲谷教授と歯科衛生士

テストの後には教授と院長先生に分かりやすく的確なアドバイスを頂くこともできて、大変貴重な時間となりました。
これからもアドバイス頂いたことを心に止めて日々の診療や練習に励みたいと思います。

当院のこちらのページ(http://www.shika-shinbi.jp/perio.html)では歯周病について分かりやすく解説しています。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください