「第93回インプラント無料講演会」

第93回インプラント講演会が4月15日(土)に開催されました。
今回は、7名の方が参加して下さいました。

P1080931

第1部では、アンチエイジングに関する動画などを用いて、歯が無くなると老後にどの様な顔になるのか? 院長の顔写真で説明しました。
アンチエイジング後は、人気俳優の顔になれるかも・・と出てきた写真に笑いが起きていました。

P1080937

休憩時間には、当院の技工士が模型を見せながら説明いたします。
皆様にも模型に触れていただけます。ご質問もおありでしたら是非、遠慮なくお声がけください。

P1080938

第2部はインプラントの流れNHK出版より出ました本『納得のいく治療を受けるために 知っておきたいインプラント』(著・水木信之 NHK出版 2016年発刊)の内容に沿って進めていて、とても分かりやすい解説です。
その後、歯科助手より当日のオペの流れを説明し、最後は、上の階にあるインプラントセンター横浜の設備などをご希望の方にご案内いたします。

次回は5月20日(土)15時~17時30分に開催を予定しています、どうぞお気軽にお越しください。

ホームページに今後の毎月開催予定日が掲載されています。ご都合の良い機会にお気軽に次の方法でご参加申込みをお待ちしています。
インターネットから:インプラント講演会申込みフォーム
電話:045-410-4875
FAX:045-534-4060

~歯科助手Idh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「第二回仲谷教授の歯周病セミナー」

10月9日の日曜日に、歯周病の専門医である仲谷教授に来ていただき、二回目の歯周病1日セミナーが行われました。

仲谷教授の座学

縁下歯石(歯茎より下の部分につく歯石)がどんな風に歯根(歯の根っこ)の外側のセメント質と付着しているのか?
という仲谷教授の問いかけから始まり、私たちが普段行っている歯科衛生士の業務であるスケーリングルートプレーニング(SRP:歯の根っこの歯石や病的なセメント質をとり、根っこの面をつるつるにする処置)はなんのために行われているのかということについて、具体的な指導をしていただきました。

わかっていたつもりのスケーリングルートプレーニング(SRP)ですが、仲谷教授のお話をうかがっていると、目から鱗の連続でした。

実践中

午後は実技も交えて講義していただいたので、とても実践的な1日でした。

患者さんの歯周病を共に改善していける歯科衛生士になれるように、早速 翌診療日から活かしていきたいと思います。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「ビジネスソリューションフェア2016」

皆さんは、ワトソンをご存知ですか?
最初に思い浮かぶのは、あの名探偵シャーロック・ホームズの相棒でしょうか。

今、大きく注目されているワトソンがいます。
それは、IBMが開発しているIBM Watsonです。

Watsonについて、9月13日に横浜で開催された大塚商会主催の「ビジネスソリューションフェア 2016」で聞いてきました。

Watsonは人工知能ではなく、コグニティブ・コンピューティング・システムであると、講師の方から説明がありました。
コグニティブとは認知するという意味で、この場合、判断や解釈をコンピュータが行えるということです。
Watsonには膨大なデータが入力されていて、そのデータを組み合わせることによって、明確でない質問に対してでも”推理”し、最も的確だと考えた答えを提示してくれるのだそうです。
先日、ニュースにもなりましたが、医療の世界でも活躍を始めていて、難症例の患者さんを救った実績も既にあるのです。

ミズキデンタルオフィスにはまだWatsonはいませんが、CT撮影で取得した立体的なデータを元に、理想的なインプラント埋入のシミュレーションを行えるシステムを導入しています。
今後も科学の進歩で、歯科治療もより安全・正確になっていくのだと期待しています。

Pepper君
△会場ではPepper君が迎えてくれました。

防災コーナー
△患者さん、スタッフの安全のため防災コーナーも見てきました。

~センターKcener

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「仲谷教授 歯周病1日セミナー」

歯科助手・衛生士向けの部

6月12日(日)、ミズキデンタルセンターオフィスにて「歯周病1日セミナー」と題し、
日本歯科大学付属病院教授で日本歯周病学会歯周病専門医の仲谷寛教授によるセミナーが行われました。

4月より新しく歯科衛生士2名が入職したこともり、歯科助手も含めて午前中は講義形式で基礎的な内容から知識面を、
午後は実習を交え実践的に技術面を指導していただきました。

衛生士への指導風景

歯肉炎・歯周病といった歯周疾患とは、細菌に感染することで身体で炎症・免疫反応が起こり、歯周組織(歯を支えている骨など)が侵されてしまうことを指します。

このような歯周疾患に対して行う治療を歯周治療と言います。
治療の目的は、
・歯周疾患の原因を取り除き、歯周組織の破壊を阻止すること
・口腔内の機能(噛むこと、話すことなど)の回復すること
・生理的・審美的形態(見た目など)を回復すること
・歯周疾患が再発しないように予防し、健康を維持することです。

ミズキデンタルオフィスでは、専門医の仲谷教授をスーパーバイザーとし、
歯科医師、歯科衛生士が連携し、これらの目的を達成すべく歯周治療を実施しています。

今後もこのようなセミナーを通して日々知識面・技術面を磨き、
より良い治療の提供に努めてまいります。

~歯科衛生士Tdh

 

 

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「水木さとみ先生 院内研修 第三回」

3月26日診療終了後、さとみ先生による院内研修の時間を設けていただきました。
水木さとみ先生の院内研修会の様子

相手から受け取る印象の内訳は、
表情・姿勢・仕草55%、声のトーン38%、言葉7%ということを教えていただき
非言語的コミュニケーションの大切さを改めて感じました。

水木さとみ先生の院内研修会の様子

また、リラックスの効果を実感させていただく内容がありました。
アロマオイルを香らせながらヒーリングサウンドを聞き、森の中の風景を想像。
そしてさとみ先生の優しい声に誘導されながら、体全体の力を抜いていく…。
とても心地の良い時間が過ぎて行きました。

何かストレスを感じることなどがあった時、この時に想像した風景をまた思い返して、
リラックスすることができればいいなと思いました。

普段聞けないような体験や、お話を伺く事ができ、
とても有意義な時間となりました。

さとみ先生、ありがとうございました。

~歯科助手Gdh

心理カウンセラー水木さとみ先生のHPはこちら

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「水木さとみ先生 院内研修 第一回」

「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」
本当にその通りですね。
あっという間に2月を迎えました。
春の陽気が待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1月の最後の診療日。
診療終了後、センターオフィスにて水木歯科・ミズキデンタルオフィス合同の院内研修が実施されました。
今回の講師は、当院の理事であり、多摩大学大学院 MBA課程客員教授の水木さとみ先生です。
コミュニケーションについて90分、基礎的な知識からグループディスカッションやロールプレイングを交えた応用的知識まで
じっくりと勉強させていただいました!
今回は、実際に臨床の場で直面したケースを考えながら、明日からすぐに実践できるテクニックを交えての解説していただきました。
来月の院内研修で、フィードバックをするのが今からとても楽しみです。

今回は水木歯科でのケースについても伺うことができたので、
ミズキデンタルオフィスとは違ったコミュニケーション方法や対応等、新しい視点を得ることができたのでとても刺激になりました。

コミュニケーションとは、意思・感情・思考などのいろいろな情報内容を、
言葉や身振り・手振り、表情、情報着術などの手段を使って「互いに」それらを伝え合う状況を指すそうです。
当たり前ですが、自分がいて、相手がいて、初めて成立するのです。

歯科衛生士として、患者さんの声を引き出し、耳を傾け、その声に寄り添えるような存在になれるよう
努力していこうと再確認する良い機会となりました。

 

~歯科衛生士T歯科衛生士

心理カウンセラー水木さとみ先生のHPはこちら

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


神奈川県歯科衛生士会中支部研修会

10月18日、神奈川県歯科衛生士会中支部研修会、水木さとみ先生のセミナー「患者さんが信頼を寄せるコミュニケーション、心理学的観点からみた患者理解とモチベーション」
に参加させていただきました。

場所は日本大通りにある開港資料館で、重要文化財にも指定されており、とても趣のある建物でした。

セミナーでは患者さんとの話し方や、継続して通院しようと思うモチベーションの上げ方などを教えていただきました。
患者さんに説明をする機会は沢山ありますが、コミュニケーションをとる時の相手の考え方や感じ方、捉え方は十人十色です。それぞれの患者さんに合った話し方の重要性を改めて考える良い機会になりました。
今回のセミナーで学んだコミュニケーション力を早く身につけ、患者さんの心に寄り添える受付を目指したいと思います。

開港資料館でさとみ先生と

~歯科助手Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください