「ノーベル プロセラⅡ セミナーに参加して」

先日、ノーベルプロセラ スキャナー プロセラⅡ セミナーに参加いたしました。
歯科用CADCAMシステムは今日急速な進歩を遂げ、臨床に広く取り入れられるようになりました。
今回は、歯型を立体的なデータとしてコンピューターに取り込み、設計をするために必要なスキャナーの新製品のセミナーでした。

写真

歯型を立体的なデータにし、コンピューター制御の機械により、プロダクションセンターへデータを送信するだけで高精度な補綴物が完成し郵送されてきます。
金属を使用しないジルコニア(オールセラミックス)やアレルギーの少ないチタンを院内で作製出来る事により患者さんに早く、安く、高品質なかぶせ物をご提供出来る素晴らしいシステムです。

~歯科技工士Sdt

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください