【酸蝕症(さんしょくしょう)とは・・・?】

みなさま、普段生活している中で様々な飲食物を口にしているかと思います。

その中でも、酸っぱさを感じるもの、酸性度の強い飲食物に長く触れるほど溶けてしまいます。

歯は酸に弱く歯はカルシウムの一種で出来ています。

酸に触れると化学反応を起こして分解しとけてしまいます。

この現象を<歯の酸蝕(さんしょく)>といいます、この現象によって病的に傷んでしまった歯を

<酸蝕症菌>と呼んでいます。

原因としては、

現代の食生活では、酸が多く含まれているので酸蝕症は想像以上に簡単に起きてしまいます。

日常生活において歯が酸に触れる機会は、

果物やフルーツジュース、炭酸飲料、ワインなど様々なものがあります。

まずはエナメル質をケアしてあげることが大切です。


日頃のケアとしては、まず、

飲食後に<歯磨きをする>ことがとても大切です。

飲食後のどのタイミングで歯磨きをすればいいの?と考える方も多いかと思います。

歯磨きの時間はだいたい

<食後30分後>が良いと言われています。

日ごろから少し気にしてみることが大切ですね・・・!!


歯を長い時間、酸に触れさせないためにも

だらだらと飲食するのは控えることも大切です(`・ω・´)

日常からできることを心掛けて元気な歯を目指しましょう!☆彡

定期検診はもちろん、お悩み事がございましたらぜひ

ミズキデンタルオフィス/インプラント横浜 までご連絡ください。


📸Instagram📸

https://www.instagram.com/mizukidentaloffice/

🐤Twitter🐤

https://twitter.com/MizukiDental?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

🌷その他の記事もぜひご覧ください^^

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯周病チェックと口臭】

みなさま、歯周病と口臭は同時に予防することがオススメされているのはご存じでしょうか?


(株)ライオンによると

老若男女の8割が口臭を気にしているという調査結果が出ています。


そもそも歯周病とは何なのか・・・

歯周病とは

歯と歯茎の間の隙間、歯周ポケットに細菌がたまり歯茎の内部で炎症が起こってしまうことです。

歯磨きが正しくできていないことなどが原因の一部です。

歯周病は気づかぬうちに進行していき、最悪の場合歯が抜けてしまうなどの場合もあります。

日ごろからのケアがとても大切です・・・!

まずはお口のトラブルのセルフチェックをしてみてください(^^)/

・歯ブラシで磨くと血が出る

・歯茎に赤くはれた部分がある

・ぐらぐらする歯がある

・朝起きた時など口の中がねばねばする

・歯茎が下に下がった気がする

・歯間が広がった

・口臭が気になる

・口臭がすると言われる

☑1~2コ

➡歯周病初期の可能性があります。

まずは歯科医院へ行って検査することが大切です!!

☑2~3コ

中等度以上の歯周病が進行している可能性があります。

見た目ではわかりづらいですが進行してる場合が多いのですぐにでも歯科医院へ受診することをお勧めいたします!!

歯周病を治療することによって気になる口臭も軽減されるということですね・・・!

まずは歯科衛生士からの歯磨き指導や、定期検診がが大切です(`・ω・´)

何かお困りごとなどあれば

ぜひ当院、ミズキデンタルオフィス/インプラント横浜 へご連絡くださいっ☆彡


instagram⇩

https://www.instagram.com/mizukidentaloffice/

Twitter⇩

https://twitter.com/MizukiDental?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

🌷その他の記事もぜひご覧ください

インプラント | 予防歯科 | 歯周病 | 歯科衛生士

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯はどのように進行するの?減らし方?】

そもそもむし歯とはどのようにして始まって、どのようにして進行していくのか、

ご存じでしょうか??

むし歯の始まりは大きく2つのタイプに分けられます。

①ミュータンス菌が砂糖などを餌にして酸を作り歯を溶かしていくタイプ

→こちらのタイプは大人から子供まで幅広く見られ歯の表面のエナメル質から象牙歯、歯髄へと進行していく場合がほとんどです。

②高齢者に多い歯の根面にできる根面う蝕

→いきなり象牙歯から始まり、歯茎がやせて下がり歯の根面の象牙歯があらわになります。象牙歯はエナメル質よりもやわらかく弱い酸で溶けるためむし歯になりやすく進行も早く神経まで達しやすいのが特徴です。

そして診療の際によく使われる4段階分類

<C1のむし歯>

むし歯がエナメル質にとどまっている状態で痛みはない。

<C2のむし歯>

象牙歯にむし歯が達した状態で、冷たいものや甘いものがしみるなど軽い痛みを感じる場合もある。

<C3のむし歯>

歯の神経である歯髄までむし歯が達している、多くの場合ずきずきとする強い痛みを感じる。

<C4のむし歯>

歯の根の部分だけが残った状態。

このように進行度は4段階に分類されています。

そして誰しもが知りたい、むし歯をなくすことはできるのか・・・?

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

→歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って一本一本の歯をきれいにすること

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)

→ミュータンス菌の除菌方法で自分の歯型で作ったマウスピースのようなものの中に殺菌消毒剤を入れて、歯に装着しミュータンス菌を取り除く方法。

上記の二つをセットで短期集中的に実施すると効果的だそうです。


日常生活の中でできる歯磨きから

医院で行うPMTCを合わせて行い、健康的な歯を目指していくことが大切ですね・・・!!

歯が痛い、など特に症状がなくても

定期的に歯科医師に診てもらうことをお勧めします(^^)/


Twitter

Instagram

むし歯 | 予防歯科 | 横浜市歯医者 | 横浜歯医者 | 横浜駅 | 歯医者 | 歯周病 | 歯科衛生士

★☆過去の投稿はこちら☆★

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【第120回インプラント無料講演会】

《インプラント無料講演会》

先日1/15(土)に
第120回インプラント無料講演会を開催致しました!!

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

参加者の方から積極的に質問してくださったり、頷きながら講演を聞いてくださったり、
大変嬉しく思いました。

歯と全身の健康について、インプラントを中心に様々な治療方法を紹介しつつ講演させていただきました!
あわせて、実際のインプラント手術や術後の患者様の様子に関する動画、症例の紹介もさせていただきました。

安心してインプラント治療を受けていただくために、
治療の流れから当院のインプラント治療の特徴などについても詳しくお話させていただきました。

ぜひ治療選択の参考にしていただければと思います。

今後も患者様の健康的な生活を送るためのお力になれるように邁進してまいります!!

次回インプラント無料講演会は
2/19(土)15:30~17:00
ご予約はHPから!

歯科助手M


Instagram
https://www.instagram.com/mizukidentaloffice/

Twitter
https://twitter.com/MizukiDental?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor



~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「インプラントアシスタントコース参加」

161030_%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8f%82%e5%8a%a0_01

10月30日(日)東京駅八重洲近くの会場にて柏井伸子先生の「インプラントアシスタントコース」のセミナーに当院の歯科衛生士3名で参加いたしました。

セミナーは2部構成となっており、第1部では術前準備の方法から感染管理の重要性を、第2部では長期にわたるインプラント治療の適切なメインテナンス方法についてのものでした。

私は歯科衛生士歴20数年となりますが、改めて再確認できたもの、新たに得た知識ととても有意義な時間を過ごすことができました。

161030_%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8f%82%e5%8a%a0_03

今回は3名の参加でしたが私達の得た知識を他のスタッフにも伝え、チームとして患者さんに安心してインプラント治療を受けていただき、また長期メインテナンスにも通っていただくよう、これからも日々努力していきたいと思いました。

161030_%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8f%82%e5%8a%a0_02

 

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「第二回仲谷教授の歯周病セミナー」

10月9日の日曜日に、歯周病の専門医である仲谷教授に来ていただき、二回目の歯周病1日セミナーが行われました。

仲谷教授の座学

縁下歯石(歯茎より下の部分につく歯石)がどんな風に歯根(歯の根っこ)の外側のセメント質と付着しているのか?
という仲谷教授の問いかけから始まり、私たちが普段行っている歯科衛生士の業務であるスケーリングルートプレーニング(SRP:歯の根っこの歯石や病的なセメント質をとり、根っこの面をつるつるにする処置)はなんのために行われているのかということについて、具体的な指導をしていただきました。

わかっていたつもりのスケーリングルートプレーニング(SRP)ですが、仲谷教授のお話をうかがっていると、目から鱗の連続でした。

実践中

午後は実技も交えて講義していただいたので、とても実践的な1日でした。

患者さんの歯周病を共に改善していける歯科衛生士になれるように、早速 翌診療日から活かしていきたいと思います。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「2016年下半期合同勉強会」

10月3日(月)の診療終了後、ミズキデンタルセンターオフィスにて2016年度下半期合同勉強会が行われました。

乾杯

まずは院長先生が上半期を振り返り、特に新人DH(歯科衛生士)の成長を実感し、今後は担当制を確立していくことを確認しました。

顧問の先生方にもお越しいただき、まず、弁護士の鈴木先生に歯科医師法のある項目の解釈について、丁寧なご教授をいただきました。

社会保険労務士の染谷先生からは、時間内に業務を終わらせるためのテクニックを教えていただきました。特に、“締切が重なることがある場合には、第一締切と第二締切(最終締切)を設定して、最終締切日付近への業務の集中を避ける”という考え方は、非常にためになりました。早速活用させていただきたいと思います。

乾杯のあと、会計士の伊藤先生から問題提起をしていただき、さとみ先生の司会にて、食事をしながら全員でディスカッションを行いました。

歯科助手チーム

非常に活発に意見が交わされ、特に新人歯科衛生士さんからは練りに練ったアイディアが発表され、院長先生と熱い議論を繰り広げていました。

ドクターチーム

歯科衛生士・歯科技工士チーム

スタッフのクリニックへの、患者さんへの想いを感じるディスカッションとなりました。

歯周病は全身疾患と大きな関わりがあることが様々な研究から、明らかになってきています。

 

今後は予防歯科の大切さについても患者さんに知っていっていただき、歯周病で歯を失う患者さんを減らすこととと、全身疾患の改善を目指していきたいという院長の決意表明で、今回の勉強会は閉会となりました。

 

~センターKcener

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「プロービング練習」

学生さんの練習中 練習風景

ミズキデンタルオフィスには毎月、横浜歯科技術専門学校の歯科衛生士科の3年生の学生さんが、4名実習に来ています。
先日、空いた時間を使って、プロービング(歯とはぐきの隙間の深さを計る、歯周病の検査)の相互実習を行いました。
奥歯の測定は難しかったようです。
私も学生さん達の指導をしながら、自分の学生時代を思い出してしまいました。
基本を大事にする姿勢や初心を取り戻すことができました。
この経験を活かして、日頃の診療にも取り組みたいと思いました。

~歯科衛生士Sdh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


DGSN究極のDHセミナーシンポジウム「奇跡の1日」 in 2016

DHセミナーパンフレット
8月28日(日)に、当院の理事である水木さとみ先生が演者の一人となっているセミナー・シンポジウム『DGSN究極のDHセミナーシンポジウム「奇跡の1日」 in 2016 ~患者さんの豊かな人生の為に~』に行ってきました。

ポリデントのコマーシャルに出演されている歯科医師の若林先生の講演でスタートしました。歯周病が血管年齢にも関わっているという若林先生のお話は大変興味深いものでした。

さとみ先生の講演は『生涯にわたる患者サポートに向けた歯科医療コミュニケーション』でした。
患者さんの物語を受け入れようという、患者さんにより良い治療を行うベースとなるものでした。

その後もインプラントのメインテナンスや、患者さんとのコミュニケーションのとりかた等、日々の診療に活かせるようなお話が続きました。

また、インプラント体埋入30分頃から口腔内細菌のコロニーができるということも学び、インプラントのオペの前の口腔衛生状態の大切さについて学びました。

この日に学んだことを少しずつでも診療で実践して、患者さんに信頼される歯科衛生士になりたいと思います。
UDHSシンポジウム in 2016 集合写真

~歯科衛生士Sdh

心理カウンセラー水木さとみ先生のHPはこちら

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


「ホワイトニング練習」

【ホワイトニング】をご存知ですか?
皆さんもよく耳にすると思います。

ホワイトニングは、歯を削らずにお薬の効果により自分の持っている歯の白さより白くする事ができます♪
※個人差はあります。

~オフィスホワイトニング~
クリニックにて歯の表面のみにお薬を塗って光を当てていきます。
約1~2時間で2回お薬を塗っていきます。

このオフィスホワイトニングの作業を診療後にスタッフのお口を借りて練習しました。

一回目は施術方法を先輩に指導してもらいながら行い、二回目は時間内に終わらすことを目標にやっていきました。
お口を借りたスタッフは平均1~2トーン明るくなりました。

ホワイトニング訓練

診療後に何度も練習し、患者さんに施術できるようホワイトニング試験に向け練習を重ねました!
お口を借りたスタッフの皆さんの笑顔が素敵でした♪

~歯科衛生士Adh

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください